うなじろうさんのサラダ時間ブログ

本紹介

紙の本棚と同じように電子書籍との接触回数を増やす工夫

どうも、うなじろうです 電子書籍の弱点がある それはアプリを起動しないと本が目に入らない という事。 通常本は自宅の本棚に入れて目に見える状態になっていると思う。 いまだに紙の本は根強い人気があるがその理由の一つに「一度 […]

女性視点で書かれているからこそ男性が読むと面白いと言う事もある:モップの精は旅に出る 著、近藤史恵

モップの精は旅に出る:著、近藤史恵 どうも、うなじろうです。 最近私がハマっている近藤史恵さんの本です。 私は図書館でなんとなく本を探すことが多いのでこの本にもなんとなく出会いました。 このモップの妖精シリーズは実はシリ […]

マジで電車の中では読めなかった。:悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと:著、瀧森古都

悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと:著、瀧森古都 どうも、うなじろうです。   30歳になって以降、 久々に泣きそうになった。 いや、むしろ 大人になってから読んだ方が心にじわっとこみあげてくるものがあるかも知れない […]

神々が争うならそりゃ人間だって争うよなと思った:「イチから知りたい神道の本」著、三橋健 

「イチから知りたい神道の本」:著、三橋健  どうも、うなじろうです   私は無宗教者です。   とは言え、その考え方というのは何かしらの影響を受けているはずでしょう。私自身それは神道だろうなと思っていたので改めて神道につ […]

久々にキュンとしたいなら読むべき本:ビブリア古書堂の事件手帖1~7:著、三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖1~7:著、三上 延 どうも、うなじろうです。 本好きのお姉さんが好きなら絶対読んだ方が良いシリーズだ。 本好きの綺麗なお姉さんに本が読めない男が本の内容を教えて貰う話(ざっくり)   キュンキュ […]

噂話とか好きな人におすすめの本:「マカロンはマカロン」著、近藤史恵

「マカロンはマカロン」著、近藤史恵 どうも、うなじろうです。 率直な意見を言うと 噂話とか好きな人はこういう内容の本が好きな感じがします。 フレンチレストランの店員さんの話です。お客さんがそれぞれ抱えている問題を店員とし […]

優秀な人材を確保したい企業経営者が読むべき本だと思う、「タニタの働き方革命」、著 谷田千里

「タニタの働き方革命」、著 谷田千里 どうも、うなじろうです この本に書いてある内容は私がずっと考えて、「企業にいる優秀な人材を確保する方法」として最も正解に近いものではないかと思う。 谷田社長の考えの通りただ、残業をす […]

食欲には抗えない物なのだという事がわかる本:「食欲の科学」 著、櫻井武

「食欲の科学」 著、櫻井武 私はこの本をダイエットに使えそうな情報は無いかなと思って読み始めた。結果としてだが、ある程度の収穫はあったと思う。 人の体は一定の体重をキープしようとする作用がある。この本を読むとその機能がな […]

本日の本:「発達障害に気づかない大人たち」著、星野仁彦

どうも、うなじろうです。 普段から図書館で本を借りる時はあまりジャンルが被らないように気を付けています。そんな中で見つけたこの本 発達障害に気づかない大人たち posted with ヨメレバ 星野仁彦 祥伝社 2010 […]

今日の読書:「シャルロットの憂鬱」著、近藤史恵

どうも、うなじろうです。 せっかくなので日々読んでいる本でも紹介させていただこうと思います。 今日はこれ シャルロットの憂鬱 posted with ヨメレバ 近藤史恵 光文社 2019年06月12日 楽天ブックスで見る […]

トップへ戻る